FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備えあれば憂いなし!ご家庭で取り組める主な地震対策とは

こんばんわ!絢人です。
毎回、日付が変わっての投稿ですが、お許しください(ノ_<)

この頃、テレビに目をやると、地震の速報が流れていることが多い気がしますので、自分のため、ぼくのブログを見てくださった方のためにも、地震が起きたときの備えについて、まとめていきます。

初めに、ご家庭で取り組むべき主な対策から

家具の置き方

「家具は必ず倒れるもの」と考えて、転倒防止対策を講じておく必要があります。
・家具が店頭しないよう、家具は壁に固定しましょう。
・寝室や子ども部屋には、できるだけ家具を置かないようにしましょう。置く場所も、なるべく背の低い家具にするとともに、倒れた時に出入り口をふさいだりしないよう、家具の向きや配置を工夫しましょう。
・手の届くところに、懐中電灯スリッパホイッスルを備えておきましょう。

食料・飲料などの備蓄

食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例(人数分用意しましょう)
・飲料水3日分(1人1日3リットルが目安)
・非常食3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど
・トイレットペーパー、ティッシュペーパー、マッチ、ろうそく、カセットコンロなど

※非常に広い地域に甚大な被害が及ぶ可能性のある南海トラフ巨大地震では、「1週間以上」の備蓄が望ましいとの指摘もあります。
※飲料水とは別に、トイレを流したりするための生活用水も必要です。日頃から、水道水を入れたポリタンクを用意する、お風呂の水をいつも張っておく、などの備えをしておきましょう。

非常用持ち出しバックの準備

非常用持ち出しバックの内容の例(人数分用意しましょう)
・飲料水
・食料(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
・貴重品(預金通帳印鑑現金健康保険証など)
・救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
・ヘルメット、防災ずきん、マスク、軍手、懐中電灯、衣類、下着、毛布、タオル
携帯ラジオ、予備電池
携帯電話の充電器
・使い捨てカイロ
・ウェットティッシュ
洗面用具、携帯トイレ

※乳児のいるご家庭は、ミルク、紙おむつ、ほ乳びんなども用意しておきましょう。

ご家族同士の安否確認方法、決まっていますか?

日頃から安否確認の方法集合場所などを、事前に話し合っておきましょう。災害時には、携帯電話の回線がつながりにくくなり連絡がとれない場合もあります。その際には以下のサービスを利用しましょう。

災害用伝言ダイヤル

・局番なしの「171」に電話をかけると伝言を録音でき、自分の電話番号を知っている家族などが、伝言を再生できます。

災害用伝言板

・携帯電話やPHSからインターネットサービスを使用して文字情報を登録し、自分の電話番号を知っている家族などが、情報を閲覧できます。

ちなみにラインの電話はつながりやすいみたいです。

避難場所や避難経路の確認

お住まいの自治体のホームページなどから防災マップやハザードマップ(災害予測図)を入手し、避難場所、避難経路を事前に確認しておきましょう!

豪雨、津波、火山噴火など、災害の種類によって安全な避難場所が異なります。

これらのまとめから、どれだけ緊急時でも、携帯電話、貴重品袋は持つようにし、災害用伝言ダイヤルの番号(171)と災害用伝言板のことを覚えておかなくてはならないということがわかります。

まとめながらぼく自身も学べたので良かったです。
「備えあれば憂いなし」です。地震多いので皆さんもお気をつけください。
また、投稿します!最後まで読んでいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

絢人

Author:絢人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。